SPIRITSトップへ業界研究社会人インタビュー内定者就活体験記セミナーカレンダーメルマガプチコンテンツサイトマップ

人材コンサル 解説ページ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
[業界マップ]
コンサルティングとは?

「人事コンサル」「採用コンサル」と、そもそも「コンサルティング」とはいったいなんなんでしょうか。国語辞典(大辞泉)によると、「コンサルティング」とは、専門家の立場から相談にのったり指導したりすること、また、企画・立案を手伝うこと、となっています。コンサルティングを仕事としているのが、コンサルタントです。ちなみに、国語辞典(大辞泉)によると、「コンサルタント」とは、企業経営などについて相談を受け、診断・助言・指導を行うことを職業としている専門家だそうです。
コンサルタントになるには、どうすればよいのか?

実は、コンサルタントになるためには、特別な資格があるわけではないのです。極端な話で言えば、「コンサルタント」と名乗れば、その日からあなたはコンサルタントなのです。ちょっと驚きですよね。「恋愛コンサルタント」と名乗って仕事をしている人までいます。要するに、特定の業界や仕事のスペシャリストであれば、個人としてコンサルタントをやっていけるのです。実際、コンサルタントになるための具体的な資格はありません。(中小企業診断士など、ある程度の能力を証明するための資格はあります。)
 しかし、一般に「コンサルタント」というと、「経営コンサルタント」のことを指します。その道のスペシャリストになるわけですから、最初から独立する人はほとんどいません。一般的には、「コンサルティングファーム」に入社します。(※ファーム=会社です。)その後、経験を積み、様々なノウハウを身に付け、独立や転職など新たな道を歩む人も多くいます。
コンサルタントはどんな存在なのか?

コンサルタントは、「企業のお医者さん」、「先生」などといわれることがあります。そこで、コンサルタントを「企業のお医者さん」に例えて説明してみましょう。人と同じで、企業も存続する限り、悪いところ(問題)が出てきます。企業の悪いところを見て、時には生活相談にのってアドバイスを与え、時には処方箋を出し、時には主治医として側について体調を管理する専門家、さらには信頼関係を築き、大きな安心感を与える存在、それがコンサルタントです。医者という職業が世の中からなくならないように、「企業のお医者さん」であるコンサルタントも、社会で必要不可欠な存在なのです。
コンサルタントに求められるのは、専門性はもちろんですが、コミュニケーションも大変重要な能力です。どれだけ良いアイデアであっても、クライアントに話を聞いてもらえなければ意味がありません。「人の話を聞く」「人に話を伝える」といった能力は当たり前のもののようにも思えますが、優秀なコンサルタントは、1つの話からいくつもの内容を引き出し、自分の伝えたい意図を正確に相手へ伝えることができるのです。そのため、OB訪問のチャンスなどがあった際は、実際のコンサルタントの方々を観察してみましょう。こういった基礎的能力がみえてくるはずです。

前のページへ 次のページへ