SPIRITSトップへ業界研究社会人インタビュー内定者就活体験記セミナーカレンダーメルマガプチコンテンツサイトマップ

人材コンサル 解説ページ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
[業界マップ]
人事コンサルティングとは?

人事コンサルとは、人材コンサルのページの図でいうと、「(1)組織システムの作成」を行っている会社です。これらの会社は、コンサルティングファームの一部を構成する会社です。では、コンサルティングファームには、どんな会社があるのでしょうか。
コンサルティングファームの分類

コンサルティングファームは、成り立ちや得意とする領域によって、分類することができます。その中の一つに「人事コンサルティングファーム」は分類されます。(下の図を参照)


以下は、分類した系統の説明です。

【戦略系】
コンサルティングファームの代表格といえる存在といえるのが戦略系です。クライアントは大企業・外資系が中心。経営者層の相談役として、経営「戦略」の助言、提言をするのが主な仕事です。
(例)
マッキンゼー・アンド・カンパニー
ボストンコンサルティンググループ
A.T.カーニー

【会計系】
主に、グローバルなネットワークを持っている会計事務所を母体にしているファームです。システム関係のコンサルティングを得意としています。クライアントは中堅から大手。主に、業務部門やIS部門に対してコンサルティングを行っています。
(例)
アビームコンサルティング
トーマツコンサルティング
ベリングポイント
アクセンチュア
IBMビジネスコンサルティングサービス

【シンクタンク系】
証券会社や銀行などの、リサーチを担当する機関として設立されたファームです。システム部門とリサーチ部門があります。クライアントは設立母体となっている財閥のグループ企業が中心です。
(例)
野村総研
大和総研
三菱総研

【IT系】
企業のIT部門へのコンサルティングを中心に行うファームです。大規模な案件を行うこともあります。
(例)
フューチャー・システム・コンサルティング

【独立系】
生産性向上や品質管理など現場まで入り込んだコンサルティングを特徴としているファームが多くあります。また、コンサルティングファームはあまり営業をしませんが、このタイプには、営業を積極的に行うファームもあります。クライアントは中小企業が中心です。そのため、新卒でも比較的早く、社長と話す機会もあるといえます。
(例)
船井総研
日本LCA
日本能率協会

【人事系】
人・組織といったテーマに特化したファームです。クライアントは大手や外資系が中心です。人事業務のアウトソース(給与計算など)や、制度設計、意識行動改革などを行います。
(例)
ワトソンワイアット
ヘイグループ
マーサー・ヒューマン・リソース・コンサルティング
人事コンサルティングファームの職種と仕事

コンサルティングファームはコンサルタントの集合体のようなものです。そのため、営業職などはほとんどありません。新卒で入社したあとは、コンサルタントとして経験を積んでいきます。自社のオフィスにいるよりも、クライアント企業に常駐して仕事することが多くあります。クライアントは、大手企業や外資系企業が中心です。新卒採用はごくわずかしか行いません。狭き門となっています。
各社コンサルティングの代表例

  • 独自のコンピテンシー評価システムを核に、人材開発や組織文化の最適化を行う(ヘイコンサルティング)
  • リーダー養成プログラムや年金などの資産管理プログラムを提供する(ワトソンワイアット)

前のページへ 次のページへ