SPIRITSトップへ業界研究社会人インタビュー内定者就活体験記セミナーカレンダーメルマガプチコンテンツサイトマップ

人材派遣 解説ページ
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
[業界マップ]
人材派遣の職種と仕事内容

「人材派遣会社に就職する」ということは、派遣スタッフになることではなく、派遣先と派遣スタッフとをつなぐ仕事をすることです。派遣会社の仕事は、クライント企業を新規獲得し、求人依頼を得ること。派遣スタッフの募集から、登録、仕事の紹介、そして、派遣中のスタッフと派遣先へのフォローと、クライアント企業と派遣スタッフの橋渡し役のような存在です。では、具体的にはどのような職種があるのでしょうか?

○営業
クライアント企業の人事や総務の担当者を訪問・営業して、人材派遣のニーズを伺い、求人依頼(オーダー)に答える仕事。派遣中のスタッフや派遣先企業へのフォローも含めて担当する会社もあれば、新規開拓とルート営業が完全に分業化している会社もある。担当企業も地域別や業種別、規模別など会社によっても分類の仕方が異なります。実際に会社に勤めている方に聞いてみましょう。

○ジョブカウンセラー
派遣スタッフと最初に会って、これまでの職歴やスキル、今後の希望などをヒアリングする仕事。

○コーディネーター
営業からヒアリングした企業のオーダーと、派遣スタッフの希望条件とを照らし合わせてマッチングを行う仕事。

○営業統括
営業の司令塔として、クライアント企業の要望に対して即座にデータを分析、判断し、人材戦略の提案をしたり、営業に指示を与える仕事。

以上は一例であり、職種の名前は派遣会社ごとに異なります。さらに役割が細分化されている会社もありますし、ジョブカウンセラーとコーディネーターが一つの職種となっている会社もあります。
人材派遣会社に新卒で入社したら、お客様のことやサービスの内容をしっかり知るために、まずは営業やマッチングの仕事からスタートして経験を積むケースが多いようです。そして、営業のエキスパートになる、他の職種で活躍するなど、それぞれの過程を踏んでキャリアアップしていきます。
派遣の流れ

【派遣スタッフ】   【派遣会社】
電話やメールなどで登録の予約をする。大手では登録会が開かれる。 広告で登録者の募集を行う。(広報やマーケティング)。予約者対応、登録会の開催。
希望提示。職種によってスキルチェック・テストを受ける。 面談で、希望、スキル、経歴をヒアリングし、スタッフデータを作成する。職種によってはスキルチェック・テストを実施。(ジョブカウンセラーの仕事。)
仕事の紹介を受け、気に入れば仕事開始。他の仕事の紹介を待つこともある。 求人データとスタッフデータを照合して、仕事の紹介をする。(コーディネーターの仕事。)
派遣先の業務指示の元、業務を行う。 派遣開始後もスタッフのフォローを行う。(営業の仕事。)
次の仕事紹介を受ける。受けても受けなくてもよい。 次の仕事紹介をする。

前のページへ 次のページへ