SPIRITSトップへ業界研究社会人インタビュー内定者就活体験記セミナーカレンダーメルマガプチコンテンツサイトマップ

インターンシップ事業 解説ページ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
[業界マップ]
インターンシップ事業とは?

SPIRITSでは、インターンシップに関連する事業を行っている企業・団体・NPOのことをインターンシップ関連と分類しました。

インターンシップに関連する事業としては、
  • インターンシップ情報媒体の運営
  • インターンシップを導入する企業と学生のマッチング
  • インターンシップの導入支援やインターンシップのプログラムの企画・提案
などがあります。
インターンシップとは?

日本において、インターンシップとは、「学生が在学中に自らの専攻、将来のキャリアに関連した就業体験を行うこと」とされています。1996年に当時の文部省、通産産業省、労働省の3省連携によって、産学連携による人材育成の一形態として普及が図られました。現在は従来型インターンシップ(5〜15日のもの)に加えて、実践型インターンシップ(長期のもの)の普及が図られていて、今後もインターンシップは広まっていくと予想されます。
  従来型インターンシップ 実践型インターンシップ
実施学年 大学3年、大学院1年 大学1〜4年、大学院1,2年
実施時期 夏季休暇中 特に関係なし
実施期間 2週間程度 1ヶ月〜1年以上
勤務先 大企業中心 中小・ベンチャー企業中心
報酬 基本的になし 基本的にあり
「平成14年度産業技術調査(実践型インターンシップ等についての調査研究)」
(ETIC:平成14年度経済産業省委託事業)を参考に、加筆・修正

次のページへ