SPIRITSトップへ業界研究社会人インタビュー内定者就活体験記セミナーカレンダーメルマガプチコンテンツサイトマップ

人材紹介 解説ページ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
[業界マップ]
一般登録型(Employment Agency)

一般登録型人材紹介のお仕事とは

大手といわれる人材紹介企業の多くがこのサービス形態です。登録された求職者と、求人依頼をしている企業とのマッチングを行います。このタイプの企業は、自社で求人情報を検索できる媒体を運営しているところが多くあります。一般登録型の人材紹介を利用する人は比較的若い年齢層の方が多く、将来のキャリアアップや、より自分にあった職場を求めている人などがターゲットになります。
このタイプの人材紹介企業の主な仕事としては、求人依頼を獲得する営業(法人対応)と、登録者の相談に乗るキャリアカウンセリング(求職者対応)の二つがあります。大手は比較的営業とキャリアカウンセリングとが分かれています。中小では、一人の人が営業とキャリアカウンセリングなど、複数の業務を行っていることが多いようです。

一般登録型の人材紹介企業に就職するとどんな仕事をするのだろうか?

例えば、ある大手の一般登録型人材紹介会社ではRA(リクルートアドバイザー)とCA(キャリアアドバイザー)に分かれ、業務を行います。新卒の配属はRAなどが多く、直接求職者に接するCAには相応の経験や年齢が求められます。このため、求職者と接することでなんらかの自己実現を行いたいという人は、業務の内容やキャリアステップに関して面接の際などに確認しておく必要があるでしょう。これに対し、中小などでは、一人の人が営業とキャリアカウンセリングを両方行っているということも多くみられます。

職種 新卒の配属率 業務内容
法人(企画)営業 新規開拓営業やニーズのヒアリング、採用コンサルティング、など法人などに対して人事戦略の提案を行い、求人を獲得する。
キャリア
カウンセラー
登録者へのキャリアコンサルティングや職業紹介など登録者一人一人と接し、求人とのマッチングや職業相談も行う。


大手のように、職種がクライアント対応と登録者対応に分かれているような職場では、両者のコミュニケーションが非常に重要になります。それぞれが把握する企業側のニーズと登録者のニーズをマッチングさせるために、緊密な連携がカギとなるのです。一方、クライアントと登録者の双方を一人で担当するような職場では「いかに双方のニーズを把握するか」ということが非常に重要となります。単純計算で仕事の量が二倍となるような状況で、いかに両者を満足させることができるか、という難題をクリアしなければなりません。

一般登録型の流れ

求職者から履歴書・職経歴書を受け取る。
キャリア、スキル、希望条件の確認。カウンセリング。
登録データと求人情報から、企業を選定。
求職者は企業の検討をする。紹介会社は面接のセッティングをする。
求職者、求人企業に面接前に情報提供、調整をしたり、面接後のフォローなどをする。給与・待遇などの交渉を代行するところもある。
双方が了解して入社決定。この時点が紹介会社は手数料を紹介先から得る。
求職者は紹介先の社員となっているので、派遣のように定期的に訪問することはない。

○代表的な企業


前のページへ 次のページへ