SPIRITSトップへ業界研究社会人インタビュー内定者就活体験記セミナーカレンダーメルマガプチコンテンツサイトマップ

人材紹介 解説ページ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
[業界マップ]
サーチ型(Executive Search)

サーチ型人材紹介のお仕事とは

求人企業の依頼に基づき、その企業に最適な人材をサーチ(検索)し、企業に引き合わせるサービス。ヘッドハンティングとかスカウト、エグゼクティブ・サーチと呼ばれることもあります。料金は、企業がサーチ会社に依頼をしたときと、契約成立後の2回支払われます。
一般に、対象となる人材は上位二層の役員・経営役員クラス(マネジメント層)です。実際の業務は、企業と候補人材、両者の意思を何度も確認しながら慎重に行われます。クライアントからオーダーを受けて、対象となる人材を探す(サーチ)やり方と、以前に転職を紹介した人とコンタクトを取り続け、条件にあった求人案件を紹介して、転職を促すやり方などがあります。ハイクラスの人材を扱うため、取引額はかなりの高額になります。

サーチ型の人材紹介企業に就職するとどんな仕事をするのだろうか?

サーチ型では、高いレベルの人材がターゲットとなるため、そういった人材と交渉できるだけの経験などが求められることが一般的です。そのため、新卒でサーチ型の人材紹介企業に入ることは、ごくまれなことです。しかし、比較的若い企業などでは、新卒でヘッドハントの仕事を任されるところもあります。
実際の業務では、双方の希望を正確に伝えるために、クライアント対応とスカウト候補者への交渉を一人の人間が一貫して行うことが一般的です。また、働き方としては、スカウト候補者の都合に合わせて交渉を行うことになるため、一般勤務時間外(スカウト候補者の勤務時間外)での交渉も多いようです。

サーチ型の流れ

企業から求人依頼を受ける。
依頼内容から候補者を探す。
候補者の情報を求人依頼企業に打診・確認する
求人企業からの候補者への接触依頼を受けて、候補者に接触。
候補者からの応募依頼を受け、求人企業に紹介・面接のセッティング。
候補者が入社した時点で、依頼会社より紹介料を得る。
候補者に次の転職を勧めることがある。


実際には、人材紹介企業が仲介役となって、クライアントと候補者双方の意思確認が何度も行われます。このため、仕事上では両者の仲介役として双方に守秘義務を負い、お互いの意思を正確かつ迅速に伝える役割が求められます。
また、サーチフィーと違い、紹介フィーは雇用契約が成立して初めて支払われます。


○代表的な企業
  • エゴンゼンダー
  • スペンサー・スチュアート
  • ラッセル・レイノルズ
  • フューチャーステップ
  • サーチファームジャパン
  • ジェイブレイン
  • 縄文アソシエイツ
  • ワークポート



前のページへ 次のページへ