SPIRITSトップへ業界研究社会人インタビュー内定者就活体験記セミナーカレンダーメルマガプチコンテンツサイトマップ

人材紹介 解説ページ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
[業界マップ]
再就職支援型(Out Placement)

再就職支援型人材紹介のお仕事とは

余剰となった労働者を、他の企業に紹介して再就職を支援するサービス形態です。研修などで労働者のスキルアップを支援することもあります。再就職支援は単価制で、雇用契約が成立したときに一人単価いくらという形で離職者を出した送り出し企業が再就職支援企業に料金を支払います。契約後は受け入れ先の企業が労働者に給与を支払います。一般的に、ある程度年齢を重ね、転職の条件が厳しい労働者を企業が解雇するときに利用することが多いため、対象となる人材は比較的年齢の高い方になります。

再就職支援型の人材紹介企業に就職するとどんな仕事をするのだろうか?

サーチ型と同様に、新卒で入る人はごくわずかです。大手の人材派遣会社に入社し、グループ会社に出向するという場合も考えられるが、入社してすぐに配属されることはあまりないでしょう。転職にあたり、個人からではなく企業から依頼がくるというところに大きな特徴があります。顧客の人材は、年齢を重ねた方が多く、一線を退きつつも、今まで蓄積してきたキャリアを活かして仕事を続けたいという方や、体力的な問題から今までとは違う仕事につくために、新たなスキルをつけようとする人など、様々な方がいます。解雇という衝撃な経験をした後の人と接することになるので、精神的な安定や第二の人生を見つける手助けなどをすることも重要な仕事になります。


このように、代金を支払うのはクライアント企業ですが、実際に支援をするのはクライアント企業の早期退職者などとなります。このため、再就職支援では、不安を抱えた労働者の相談に乗ったり、アドバイスができるような経験などが求められます。

再就職支援型の流れ

送り出し企業から依頼、受け入れ企業から求人情報を得る。
 
転職者へカウンセリング、受け入れ企業へ売り込み。
受け入れ先が見つかったら、転職者へ企業紹介。
転職者の応募を受け、受け入れ企業へ受け入れのコンサルテーション。

○代表的な企業
  • 日本ドレーク・ビーム・モリン
  • ブレイク・ビーン・モーレー
  • チャレンジーズ・クレイ・アンド・クリスマス



前のページへ 次のページへ